内観

不動産売却時にかかる税金|税金がかからない場合もある

売却時のタイミング

積み木の家

所有している不動産を売却する理由はそれぞれ持っているでしょう。次の家に引っ越しのために売却を行なったり、急きょ売却をしないといけないなどあります。次の行動に備えるためには資金が必要になります。そこで、さいたま市にて不動産を売却する良いタイミングはないか見てみましょう。まず、一般的には2~3月の春ごろ、9~12月の秋ごろにかけてがさいたま市にて不動産のお取引が非常に栄えると言われています。なぜなら、進学や就職をきっかけに新たな生活を選挙で迎えたい思いと、年内のうちに新しい不動産を探して新年は新居で過ごしたいという思いが強く働くからとのことです。逆にさいたま市では、梅雨や夏の時期にはお取引が少なくなると言われています。そのため、梅雨の時期や夏などを避けて不動産を売却すると探し手も増えて、売却出来るのが早くなるでしょう。
また、さいたま市ではマイホーム特例と呼ばれているものがあって、この制度を利用するのも良いでしょう。マイホームには売却益に対して大体3000万円もの控除が認められるのが、マイホーム特例です。マイホーム特例は、住んでいる不動産を売却する際はもちろんのこと、空き家にしてから売却を行なう際も、住まなくなってから3年目の年の12月31日までに売却をすることが出来たら適用されます。売却益に対して、かかる税金は非常に高いです。そのため、マイホーム特例のことも事前に把握して利用を行っても良い制度でしょう。